2017年4月25日火曜日

Published 22:05 by with 0 comment

撤退考

予定していた講習会が中止になったので、琵琶湖ショートツアーをすることにしました。
当日の天気は晴れ、北西の風7m(陸上で)、夕方には風が落ち着く予報。
予定のコースは、高島市マキノから長浜までの約23km。もしくは、マキノから大津市の志賀までの南下コース。

午前8時、出艇。


海津大崎、葛籠尾崎、姉川河口を経由するいつものコースをとる。
1kmほど沖に出ると、10m近い追い風。30分もかからず海津大崎を通過。
海津大崎と葛籠尾崎の間で、波高1m超え。その先を見ると、ほぼ全部の波頭が風で千切れて真っ白。
葛籠尾崎と姉川河口の間はさらに荒れることが予想される。

まだまだ写真を撮っていても平気なころ。

あまり楽しそうな状況ではないので、南の志賀方面に方面転換。
しばらく漕ぐとこちら方面も似たような状況&横〜若干の向かい風になりそうなので、こちらも状況としてはイマイチ。
仕方がないので海津大崎目指して北上。コンスタントに5mほどの風が吹き、時折、突風が吹きつける。
帽子が頭から完全に浮いてしまい。アゴが紐でつられている状態の中、ジリジリと北上、南下の倍以上の時間と3倍の体力を使って海津大崎の南端の浜に到着。
無事帰還。Photo by S. Ose

ライトカヤックは上陸も楽チンです。 Photo by S. Ose

キャンプ場に着き、のんびりゆったり、久々にシェラカップ炊飯なんぞ楽しみつつ、平和に1日を満喫しました。
野郎の飯です。


実際のところ、長浜まで行けたか行けなかったかと言われれば、ドライスーツ着ているし、時間もタップリあるので、気合いしだいでどうにでもなったと思っています。
しかし、強風で1人となると、万が一沈をしたらリスクは非常に高いのは間違いありません。
漕いでいる時はともかく、休憩中が特に危なくて、風が強い日は沈してパドルや船を離したらまず追いつけません。

個人的な見解ですが、3つエラーがまとめて起きると事故が発生する、と考えています。(例えば、①休憩中で水筒取ろうとしてパドルから両手離す ②突風で沈 ③脱艇後に艇を掴み損ねる、とか)裏を返せば、3段階くらいまでのエラーをカバーできる程度の装備までしか、現実的にはパドリング時は持っていけない、ということです。
よって、漕げる漕げない以上に、想像できる最悪の事態になっても3つ目の策まででカバーし無事に帰ってこられる状況か?、を考えて行動する必要があります。
この辺り、一昨年の隠岐チャレンジの撤退の判断に通じるものがあり。

では、海津大崎に戻れないくらいの風だったらどうしたのか?
まず、そこまで風が強かったら出艇しなかったでしょう。
もし出艇していたら、まず、「キャンプ場で午前はノンビリ」のプランを諦め(実は、予定を守りたいという気持ちを捨てるのが一番大変)、ボートのコントロールだけ済むので体力の消耗の少ない、追い風追い波サーフィンをしつつ竹生島の南端を目指し、竹生島から船に乗れないかを検討したでしょう。
それでもダメなら米原まで風に吹かれてさらに南下、というルートをとったと思います。

今回の漕行ルート


週末からゴールデンウィークです。
天気が良ければ気温は初夏ですが、まだまだ強い風も吹きますし、水温は冬並みです。
暖かくなってきて気分が緩むので、事故が起こらないよう、安全マージンを充分とって楽しみましょう!

こんなこと↓にならないように!
(SUPの動画ですが、4分40秒あたりで…)

Read More
      edit

2017年4月1日土曜日

Published 6:55 by with 0 comment

春の弾丸四国家族旅行(後半こと日曜日)

前半からの続き。

道の駅とよはま。車通りの少ない南側で就寝し、起床後、ながめのよさそうな北側へ移動。
目の前が瀬戸内海のオーシャンビューです。
潮の香りがします。
渦潮を見て、讃岐うどんを食べ、なんとなく四国の北側でやりたいこと&週末だけでやれそうなことは終わってしまったので、2日目はのんびり流します。
小松まで移動して、これまた偶然見つけた洋食屋さんに入ったり…

電車大好きな息子と予讃線で電車を見たり…
伊予小松駅近く。めっちゃのどかです。
今治でタオルマフラーを買ったり…
今治駅でまたアンパンマン列車を見たり…
入場料で入って見て来ました。
しているうちに、しまなみ海道へ。
しまなみ海道は伯方島で有料道路を降りまずはともあれ道の駅へ。
海が綺麗です。ここも潮が速い。

砂浜で小一時間遊び、伯方の塩ソフトを堪能。
一家総出で水辺が好きです。カヤックを出すほどの時間がなかったのが惜しい。

瀬戸内海西側の潮流が早い箇所が伯方島にあり、「船折瀬戸」と呼ばれています。
やっぱり見たくなり、展望台へ。
潮がごんごん流れています
鳴門海峡のようなダイナミックさはありませんが、間近で見られるぶん海も流れるもんなんだー、というのが肌で感じられます。
まあ、水辺まで降りて文字通り肌でも感じて来ましたが…
夕暮れ時「マジックアワー」ということもあり、幻想的な風景を大人はうっとり、子供は海辺で大はしゃぎ(マジックアワーとか関係なし)で、旅行自体の日暮れも満喫できました。

その後は、以前来た時に食べた伯方の塩ラーメンを食し、幻想だけではなくて胃袋も潮で満たし、潮の道四国北部横断弾丸家族週末旅行を無事満足で終えました。

父ちゃんは久々の長距離運転でヘロヘロです。
でも、10年前までカヌー車に乗っけて全国津々浦々バリバリ運転して行っていたのを思い出せてよかったです。
無事帰宅。片付けは翌日以降。

カヤック…
持って行ったけど漕げなかったな…

Read More
      edit
Published 6:21 by with 0 comment

春の弾丸四国家族旅行(前半こと土曜日)

3月終わりの週末を使って四国へ行ってきました。

金曜日の夜、荷物を車に積んで、一路西へ。
岐阜から淡路島SAまで走り、車中泊。
明石海峡大橋を望む。
朝食後、淡路島縦断。
鳴門海峡大橋を渡っていると、海面に渦を発見。
橋から見ても、海面がざわついているのがわかります

全く予定していなかったのですが、地図を見ると橋のたもとに見学できる施設があるようなので、高速道路を降りて、向かいます。
まず橋の下の遊歩道を歩きながら海を見学できる「渦の道」に行ってきました。
全く計画していなかったのですが、ちょうど干潮時&大潮で、白波たつ海に息子も大興奮です。
思いっきり流れています。
あちこちに床がガラスになっている箇所があり、海が流れる様をじっくり見られます。
両側も開いている(よって、風があると寒い)ので、眺めはなかなか良いですが、橋の構造物がたくさんあるので、パノラマビューとはいきません。
橋マニアには良さそうですが…。

せっかくなので展望台にも寄り、鳴門海峡パノラマビューも見てきました。
ぼーっと小一時間過ごしました。
春の日差しの中、遠くに船のエンジン音を聞くのどかな光景ですが、カヤックに乗っていたらバンバン大型船が来てビビるだろうなー、とぼんやり思っていました。

さて、香川県。なので、讃岐うどん。
右のきつねうどん、揚げで覆われています
瀬戸内海の恵み、寿司!
予算&子供の都合上、回るやつです。

アンパンマン列車!
高松駅で見ただけだけど
温泉
日帰り温泉です。
すっかり日も暮れてから、道の駅に到着、就寝。


Read More
      edit

2017年3月22日水曜日

Published 22:01 by with 0 comment

長良川下り

久々に、岐阜市から25kmの長良川下り。
去年下っていないなー、くらいに思っていたのですが、どうやら前回は2014年の秋のようです。
いやいや、時が流れるのは早い。

このコース、高校への通学路の途中から、自分が住む市のほぼ南端までの半日コースで、他所の人にはまったく勧められないのですが、地元の友人などには是非是非オススメしたい、極々ローカルな楽しみが溢れるコース。

春霞の朝焼けの中、艇を組み立てる

いつも渡っている橋も、くぐる視点は新鮮
菜の花の群生
河原には、菜の花の群生。
川面を菜の花の香りが漂います。
しかし、スギ花粉もたっぷりなので、花粉症の方には辛いかな…

この季節は雪解け前で川の水が少なく、随所で艇を降りて曳く必要がありました。

こんなざわついた水面は航行できません
カヤックは水深20cmもあればとおれるのですが、下流部でその推進すらない箇所が何箇所もあるとは、驚きです。
初めてこの区間を下ったのは1997年なのですが、20年前はここまで水が減ることはありませんでした。
学生時代、日本全国どこの川の水がなくて川下りができなくても、長良川と木曽川だけは大丈夫と言われていたのですが、もうそんなこともなくなってしまいました。

とはいえ、少しづつ変わりゆくものの、私にとっては昔からの馴染みの景色であることにかわりはありません。
今後もこうやって時折、物思いにふけりながら、公共交通機関で行き帰りができるうちは川下りを続けるんだろうな、と漠然と考えています。

やっと春になってきた実感がする!
Read More
      edit

2017年3月14日火曜日

Published 23:24 by with 0 comment

春はもうすぐ…だと思いたい

年度末ということもあり、というか、それだけではないのですが、
公私趣味全般に忙しく、というよりリーマン稼業が忙し気味なので全部を圧迫してよくわからないバタバタ感になっているので、このブログもしばらくあげられるほどのネタもなく休眠していました。

いやいや、冬眠していたわけではないのですが、何か書けるほどの形になったものは未だなし。
今年も3ヶ月過ぎたけど、未だなし。

とりあえず、ぼちぼちはカヤックに乗っています。
ぼちぼちというほど乗れているかはさておき、ほとんどない間隙を縫って水面へ出撃してます。


残雪を見ながらカヤック。毎年こんな写真があるな…

春霞で水平線がなくなっています。
花粉とか黄砂とかPM2.5とか考えると、
春霞なんて呑気なものではないかも。
今しばらくはバタバタが続きますが、そのうち形になってブログに書ける日が来るはず。そう遠くないはず。きっと来るはず。うん、ワタシ、大丈夫。

そんなわけで、すばらくは低空飛行ですが墜落しないようにガンバリますー。

Read More
      edit

2017年1月30日月曜日

Published 22:11 by with 0 comment

冬の日本海合宿その2

今冬は、初の日本合宿2連投!
一度にたくさんのユーザーに来ていただくことができない企画とはいえ、まさか2連投するニーズが出る企画になるとは!
とりあえず、ものすごいうねりを体感しよう、で始めた初回からはすっかり内容も意味合いも深い企画になりました。

今回は、前回の「海に出たらあかんやつや」感も落ち着き、(とはいえ、普通にツーリングだったら海に出たらあかんレベルですが)逆にしっかりと長屋のようなうねりを体感できるコンディションでした。

艇も冬合宿で乗り慣れたKライト。
艇が小さいのでレスキュー時の取り回しが良く、風に煽られることもないのでこういう時には使いやすい艇です。
今回は、関東からグリーンランドに行った山口くんも参加。
真冬の日本海合宿で、夏の最高気温がヒトケタ℃しかないだの、漕いでるハナから海が凍りだすことがあっただのという話を聞けたのも、味わい深いものでした。

今回ははっきりしたうねりが出ていたので、うねりの中での漕ぎがメイン。
みなさん向かい風、向かい波は平気なのですが、うねりの中にとどまったり、追いうねりの中を漕ぐのは苦手なようです。
艇のスピードより速い波の中では艇が不安定になるので、骨盤を滑らかに動かして波を「いなす」必要がありますが、なかなかその感覚に慣れるには時間がかかります。
コツはいくつかありますが、まずはエアスポンソンに頼らずに艇の傾けを維持することを心がけましょう。
まずは、意識することから。レベルアップはそこから始まります。

追いうねりの中をゆくKライト。
Photo by S. Ose
もちろん、恒例のセルフレスキューも行いました。
こういう時に冷静にできてこその技術です。冬の日本海での一回の再乗艇は、夏の琵琶湖での10連続以上に匹敵します。
しかし、本当にこの技術が必要になるのは「ヤバい時」です。
万が一の時に備えて、最後の命綱、セルフレスキューは完璧に仕上げておきましょう。

冷たい海、厚着で動かない体、かじかむ手。
それでも、一発で決めましょう!
Photo by S. Ose

室内での漕ぎのチェックも含め、技術とメンタルを見直す良い合宿になりました。
今年も充実したシーズンを送りましょう!

Read More
      edit

2017年1月16日月曜日

Published 22:18 by with 0 comment

冬の日本海合宿

恒例のGranstream冬の日本海合宿。
鉛色の空、横殴りの雪、長屋のように高い波。
今年は冬一番の大寒波襲来と開催日程が重なり、冬合宿史上「最凶」のコンディションに。

通常の日本海合宿であれば、普段30kmくらいのツーリングを難なくこなすパドラーを対象に、いかに厳しいコンディションでは普通のことが普通にできなくなるか、そして一番厳しいコンディションを体験していただくことで、これ以下のコンディションでは少々のトラブルがあてもいつも通り平常心で対処できる強いメンタルを身につけるためのメニューを組んでいっています。
しかし、今度ばかりは…

いわゆる「アカンやつ」でした。
横殴りのあられで何も見えません!

そんなわけで初日は座学のみとなりました。

2日目は雪は止んだものの、風とうねりは昨日の「最凶」を更新。
よく見える分アカンやつだというのがよくわかります。
Photo by S. Ose

風裏で風間をみて1時間ほど漕ぐのみで今回は終了。
こんなコンディションなので、写真撮ってる余裕はなし。
非常にシビアなコンディションで、1時間で2日分のパドリング体力を使いました。

しかし、このコンディションだからこそ得たものもたくさんあります。
この経験は間違いなく今後の漕ぎに生きるでしょう。

さて、今年もスタートです!



Read More
      edit

2017年1月2日月曜日

Published 19:59 by with 0 comment

2017年初漕ぎ

天気が穏やかだったので、近所の木曽川で初漕ぎ。

鏡のような水面&小春日和
約1時間半、漕行距離8.4km、平均時速5.8km


尾濃大橋近くの公園を出発し、南下。
新幹線の橋梁を超えてUターン。
この橋梁、こちらの記事で紹介された、高速道路と並走している箇所です。
(おそらく)Uターンラッシュの新幹線を他人事のように眺める
新幹線の下流では、新たな橋を建設中。
新濃尾大橋(仮)建設中

この場所には未だに渡し船がありますが、橋が完成した暁には廃止される模様。
フネに乗る身としては寂しい限りですが、大垣〜一宮の通勤時間帯の渋滞は田舎にあるまじき混雑ぶりなので、致し方ないかと。
川に囲まれた土地なので、どうしても橋が交通のボトルネックになってしまうのです。

あまり水がきれいな川でもないし、なんてことはない風景しかありませんが、軽く運動しながらぼーっと考え事をしながら漕ぐには良い場所です。

今年ものんびりやっていきましょう。
Read More
      edit

2017年1月1日日曜日

Published 21:21 by with 0 comment

あけましておめでとうございます

まずは恒例の初詣。

Read More
      edit